info_page
年間行事

行事記録


平成30年度 春季大祭礼
 例年どおり平成30年4月28日(土) 午前9時より、春季大祭礼が執り行われました。


祝詞奏上

拝礼

上田ユネスコ協会様記念講演



境内にて

子供さん大歓迎!

華やか!信州上田紅女隊

Page Top




平成29年度 春季大祭礼
 例年どおり平成29年4月28日(金) 午前9時より、春季大祭礼が執り行われました。


祝詞奏上

昨夏の天皇皇后両陛下上田行幸啓を記念した講演

赤ちゃんもお参りしました。



境内にて

上田産の桑を使った商品(エリスン様)

今年はお天気に恵まれました。

Page Top




平成28年度 春季大祭礼
 平成28年4月28日(木)はあいにくのお天気にもかかわらず多くの方にご参集をいただき、午前9時より春季大祭礼は無事執り行われました(恒例の記念事業講演は中止となりました)

Page Top




平成27年度 春季大祭礼
 例年どおり平成27年4月28日(火) 午前9時より、春季大祭礼が執り行われました。


祭礼


祝詞奏上

お神酒をあげます。
厳かな中にも和やかな祭礼となりました。



絹の文化基礎講座

二紀会 会員様より
記念事業講演「蚕都上田の文化」

Page Top




平成26年度 春季大祭礼
 平成26年4月28日(月) 午前9時より、春季大祭礼が執り行われました。


受付


本年もたくさんの養蚕・蚕糸、商工会、大学関係者や市民の方々にお集まりいただきました


祭礼





養蚕・蚕糸の発展を祈願しました。


絹の文化基礎講座

NPO法人エリスン
活動報告「温故知新 桑を育てて」


上田商工会議所
活動報告「蚕飼姫プロジェクト 桑から育てた上田紬」


祝・富岡製糸場世界遺産登録へ


遺産の維持保全に努めた、故・柳沢晴夫氏(元片倉工業会長、上田市出身)の功績について紹介がありました。



本年も無事終了いたしました。ご参拝ありがとうございました。

Page Top




平成25年度 春季大祭礼
 平成25年4月28日(木) 午前9時より、春季大祭礼が執り行われました。


受付
今年も約50名の蚕糸、商工会、大学の関係者、
そして市民の方々にもお集まりいただきました











 

 

 

 

 


笠原会長より、蚕都上田の再生を願う
記念事業の紹介がありました。


上田商工会議所 田中邦勝専務理事により
上田紬を再生させるプロジェクト事業の紹介が
ありました。

 

Page Top




平成24年度 春季大祭礼
 平成24年4月28日(木) 午前9時より、春季大祭礼が執り行われました。


受付
今年は50人以上の関係者に参列いただきました





今年の記念行事の発表が始まりました


黒澤酒造の「桑茶青汁」で、
まず献杯しました


上田紬や真綿を利用したクラフト作品「猫」を
発表する笠原工業の小見山洋一さん


信州大学中西弘充助教の
「桑まるごと活用塾」の発表。
「くわかりんとう」をご提供いただきました


信州大学中垣研究室の
留学生(中国)による記念の書の披露


Page Top



平成23年度 春季大祭礼・東日本大震災復興祈願
 平成23年4月28日(木) 午前9時より、東日本大震災復興祈願を兼ね、春季大祭礼が執り行われました。

今年の新製品の披露発表会として、
信州大学繊維学部の中垣雅雄 教授と、
(独)農業生物資源研究所(つくば市)の
木内信 昆虫科学研究領域長のお話を
お聞きしました

(右)中垣教授

木内 昆虫科学研究領域長

ジム・トンプソン社からの震災支援の
製品を披露する笠原会長


Page Top


平成22年度 春季大祭礼
 平成22年4月28日(水) 午前9時より、春季大祭礼が執り行われました。

小雨のため、テントを設営しました

心を和ます「まゆ玉ランプ」を製作しました

参加者一同 (クリックして拡大します)


Page Top


平成21年度 春季大祭礼
 平成21年4月28日(火) 午前9時より、春季大祭礼が執り行われました。

絹幸箱(けんこうばこ)を設置しました


Page Top


萬葉歌碑の設立、除幕式
 平成19年4月28日、萬葉歌碑の除幕式が行われました。

金子八郎 会長 あいさつ

笠原一洋 事務担当 あいさつ

萬葉歌碑の彫字を書いていただいた、
大本山光明寺(鎌倉) 法主 第百十二世
真誉明彦 様のあいさつ


Page Top


平成19年4月 整備修了
 平成19年4月に、改修、整備事業が修了し、祭事を執り行いました。


Page Top


平成17年 整備開始
 社殿の修理改修、参道整備や案内板の設置など、蚕養国神社の整備が開始されました。




Page Top



この改行は必要→